お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
お役立ち情報

体罰問題が話題になってきた昨今、教室内にビデオカメラを設置するという案があげられています。
その議題において、教室内とは実際どうあるべきなのかという話が持ち上がりました。カメラ設置派の意見として教育のレベルの向上と安全のための監視と審査。それに対して反対派はのびのびとした環境の提供です。ここで問題になるのは教育とはただ勉強を教えるためのものであるかどうかという点です。
もし教育が勉強を教えるのみであれば、大人数で以ってして教室で教師が教えるよりパソコンなどを用いて個別に要点をまとめて行ったほうが効率がいいはずです。これまでそのような体勢をとってこなかったのはパソコンが普及していなかったからという点もありますが、それ以上に他者とのコミュニケーションや自由な発想を育てることに他なりません。

こういったことを教育として行っていくのであれば、監視された状況下で過ごすのではなく、のびのびとした環境を提供されるべきです。もちろんケンカやいじめといった問題はあると思いますが、監視された教室で育ったためにそれらに対する抵抗力をまったく備えないまま育つより、問題にどのように対応すべきか学んでいける場こそが望ましい教室のあり方なのです。

勉強